クラウドアプリケーション活用による業務支援サービス企業

クラウドアプリケーション活用による業務支援サービス

クラウドを活用した業務改善化

 ムダ・ムラ・ムリ、クラウドで解決しませんか?

今現在導入しているシステムが原因で「ムダ・ムラ・ムリ」が発生していませんか?
システム要因により抱えてしまっている問題、クラウドで解決できます!

 クラウドを導入することのメリット

他にもクラウドを導入することには以下のメリットが有ります。
メリットを理解することでクラウドを最大限に活用して、問題の解決へと導くことが可能になります。

初期コスト削減

システムの設置が不要のため導入費や維持費がかからず、費用を削減できます。

スモールスタート

利用開始の後にも機能追加が可能なため、初期には必要最低限の規模で開始できます。

早期にスタート

スモールスタート可能なうえ、テンプレート利用によってより利用開始までの時間を短縮できます。

更新作業が不要

PCのバージョンアップやアプリケーションのバージョンアップに伴い手動で行っていた面倒な更新作業が、すべて提供会社にて行うため不要になります。

情報集約による組織的共有

属人的になってしまっていた情報もクラウドに集約することで組織的な情報共有が可能です。
また、必要に応じて各所に増えていったExcelのデータも一元管理できます。

使用場所や機種を選ばない

クラウドアプリケーションはWebブラウザを使用するため、OS等による依存性もなく、スマートフォンによる外部からの使用も可能です。

アプリテンプレート

弊社にこれまでに寄せられたアプリケーション導入のご相談のなかから、ご要望の多かった事例をもとにクラウドアプリケーションをテンプレート化して提供しています。既存のテンプレートを利用することで、よりコストを抑えたスモールスタートが可能となります。
サイボウズ社「kintone」
以下にアプリのテンプレートをご紹介します。

  ビルメンテナンス向け業務管理アプリ

【概要】

ビルの清掃や設備点検などの業務管理、業務実施予定の作成や作業報告チェックができるアプリです。物件オーナーである顧客との請負業務に関する契約内容に基づき、業務の年間実施計画や実施日時予定を作成します。業務を実際に行う協力会社はその予定をスマートフォンなどから閲覧し、作業終了後には作業報告を行います。

【構成図】

  労務費管理アプリ

【概要】

受注情報と従業員の日報から稼働時間を算出して労務費を管理することができるアプリです。受注により稼働が発生するような受注生産を行う会社様向けです。

【構成図】

TOPICS

プライバシーマーク

アイチーム株式会社は、平成25年1月28日に 「一般財団法人 日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)」よりプライバシーマークの更新の許諾を受けました。
認定番号 : 第20001553(04)号
有効期間 : 平成29年2月7日から平成31年2月6日
指定機関 : 一般財団法人 関西情報センター

PAGETOP
Copyright アイチーム株式会社 All Rights Reserved.