about

情シスのあらゆる
課題解決を支援

昨今、企業の情シス部門に求められる役割は、既存システムの維持管理だけではなく、ITを活用したDX推進による事業変革まで拡大しています。

アイチームの情シスソリューションサービスでは、業務効率化やセキュリティ強化をはじめとした、情シスが抱えるあらゆる課題解決を通じ、お客様の情シス業務の標準化や、IT投資の最適化など様々な課題解決をご支援します。

また、課題解決にあたっては、ワンストップでお客様に最適なITサービスを提供すると共に、お客様が担うべき情シス業務の内製化推進を全面的支援いたします。

information
system

情シス部門と
外部環境ギャップについて

情シス部門と外部環境の間にはギャップが生まれやすい

情シス部門と外部環境の間にはギャップが生まれやすい環境ができています。

市場はもちろんのこと、経営者・利用部門・ベンダーや取引先のニーズや要望に対して適切な取り組みや対応を行わないと、お互いに不満が残ることはもちろん、プロジェクト自体も成果をあげることが難しくなります。

しかしながら、限られた人材リソースの中で、多くのことに対応していくのは非常に難しいというのが現実です。

  • 経営層とのギャップ

    情報システム部門

    最低限のメンバーで最大限コストカットに取り組んでいるが理解してもらえない。

    発生原因

    • システムを維持管理することに必要な業務に対する理解が得られていない。
    • メンバーの業務負荷を数値などで報告されていない。
    • コストカットの具体的な内容と効果について説明されていない。
  • 利用部門とのギャップ

    情報システム部門

    維持費用の割に効率が悪いとリプレイスしたのに悪者はうち。マニュアルを用意してるのに問い合わせが絶えない。

    発生原因

    • 経営層がどのような考えでリプレイスに至ったかの情報共有ができていない。
    • 運用イメージを事前に利用部門へ周知できていない。
    • 利用することによる効果が共有されていない。(目的の共有)
  • ベンダーとのギャップ

    情報システム部門

    人は不足しているが、ベンダーに何か頼めば費用がかかる。本当に自社のことを考えて提案してくれているかもわからない。

    発生原因

    • 決まった仕様が、自社が求める水準に達しているか確認できていない。
    • スケジュール変更や進捗について確認できていない。
    • ベンダーのQCDを評価する仕組みがない。

アイチームが外部環境との
ギャップを無くし、
情シス部門の課題解決を
支援いたします。

アイチームが提供する
情シスソリューション
サービス

情シスサポートサービス

システム企画から運用までの情シス業務全般を、アイチームがクライアント先に入り込んで支援するサービスです。

自社にとって最適なサービスがどれか分からない、通常業務と兼務でIT対応に手が回らない、セキュリティ対応ができていない、特定業務知識がある要員がいない、特定のテクノロジーに長けた要員がいないといった情シススタッフのあらゆる課題や不安をサポートし解決いたします。

詳しく見る

DX推進サービス

DXを推進するにあたり、クライアントは大なり小なり何らかの課題があることがほとんどです。アイチームがご提供するDX推進サービスは、クライアントの業務課題を専門的な知見を駆使して分析し、最新技術も含めた最適・最高のIT環境を提案します。

業務の見える化、高度なセキュリティの維持、生産性向上の支援、など、お困りごとの解決にとどまらない中長期的な施策を立案・実行し、ユーザーが欲しい時に欲しい情報にたどり着けるようにシステム環境と業務プロセスを改善する、「全面的」な支援サービスです。

詳しく見る

エンドユーザー側PMサービス

例えば、基幹システムリプレイスなどの5~6年に1度のプロジェクトを自社体制のみで臨むことは大きなリスクとなります。
システムベンダーに要求を出すだけでなく、システムベンダーからの要求にスピーディに回答し、併せてベンダーコントロールをしていくことは難易度も高く、作業工数を大きくなります。

アイチームでは、クライアントのメンバーの一人という立場に立ち、クライアント側のPM(プロジェクト・マネジメント)を支援いたします。システムベンダーとの2社間だけでは見落としがちなリスクや課題を第三者的に俯瞰して見ることで、プロジェクトを成功に導きます。

詳しく見る

情シスソリューション
サービスで
得られるメリット

アイチームで情シスソリューションサービスを受けていただくことで得られるメリットをご説明いたします。

  1. merit1

    IT投資の効率化実現

    クライアントの立場に立って、複数のベンダーを投資対効果の観点から、公平かつ中立に比較検討し、最善のパートナー選択をいたします。第三者として中立の立場から導入・運用をサポートしIT投資の効率化を実現いたします。

  2. merit2

    豊富なIT経験の即時導入

    アイチームのスタッフは、複数の企業で同様の案件経験があり、また複合的なノウハウ・経験もストックしておりますので、その豊富な経験をあらゆるジャンルに即時導入することができます。

  3. merit3

    業務軽減・
    人員不足リスクの回避

    複数のスタッフが常に情報を共有しながら、業務に対応しますので、人員の急な欠員や業務の急増に対してもスムーズに対応可能です。
    また、今まで自社情シス内で対応していた作業も、アイチームで対応を巻き取ることで、クライアント側の業務軽減を図ることもできます。

クライアントインタビュー

アイチームの情シスソリューションサービスをご利用いただいている企業様にお話をお伺いいたしました。