about

情シススタッフの
課題・不安を解決

システム企画から運用までの情シス業務全般を、アイチームがクライアント先に入り込んで支援するサービスです。

自社にとって最適なサービスがどれか分からない、通常業務と兼務でIT対応に手が回らない、セキュリティ対応ができていない、特定業務知識がある要員がいない、特定のテクノロジーに長けた要員がいないといった情シススタッフのあらゆる課題や不安をサポートし解決いたします。

support

全情報システム管理業務プロセス(PDCAサイクル)構築

情シス部門と外部環境の間のギャップを埋めるために必要なこととしては、課題の発生原因をそのままにせず、全ての情報システム管理業務プロセス(PDCAサイクル)の構築が必要になります。通常は、実行の「Do」が多くなりがちですが、最も大切なのは「Plan」と「Check」になります。

各プロセスごとに、それぞれ何をするべきかを明確化し、計画的にPDCAサイクルを回し、管理業務を改善していくことが必要となります。

新たな価値の創造

今後求められる情報システム部門のあるべき姿

今後より一層のIT化が進みDX推進が進んで行くことによって、情シスの求められるあるべき姿が「IT利活用を主導できるシステム部門」へと変化します。

アイチームでは、情シス部門の業務及び利用状況を可視化し、業務の改善と効果の最大化を行った上で、サービスの提供と利活用の促進へとつなげていきます。そのために、PDCAサイクルを回し続け、継続的な改善を進めていきます。

IT利活用を主導できる情報システム部門へ

情シスサポート
サービスについて

アイチームの情シスサポートサービスは、マネジメント層に対するサービスである「マネジメント業務サポートサービス」とメンバー層に対するサービスである「オペレーション業務エンジニアリングサービス」の2つに分かれています。

情報システム部門に入り込むことで、上流過程から下流にいたるまで幅広く全面的な支援でクライアントの情報システム部門変革をバックアップいたします。

1.マネジメント業務サポートサービス

マネジメント業務サポートサービスで
得られるメリット

  1. merit1

    経営層へ提案ができるようになる

  2. merit2

    コスト検証による次年度予算組ができるようになる

年間のIT計画や、IT資産のコスト対効果の検証といった、マネジメント層が行うべき業務をアイチームが全面的にバックアップするサービスが、「マネジメント業務サポートサービス」になります。

  • 年間IT計画策定支援

    守りと攻めの側面から定型・非定型業務全般の年間IT計画の策定を支援いたします。

  • IT投資判断支援

    サーバリプレイスや新システム導入を中長期的視点で判断・支援いたします。

  • 専門資料作成サポート

    社内稟議のエビデンスとなる資料などを作成いたします。

  • ITコスト検証・最適化支援

    既存のIT資産と利用状況を可視化。コスト検証と最適化を支援いたします。

  • 委託先評価支援

    コンプライアンスやSLA面について委託先を定期的に評価いたします。

  • 運用業務改善支援

    業務の可視化と課題を明確にし、効率的な運用を改善いたします。

2.オペレーション業務エンジニアリングサービス

オペレーション業務エンジニアリングサービスで
得られるメリット

  1. merit1

    コア業務に集中できるようになる

  2. merit2

    業務効率がアップする

IT担当者が行う日々の運用業務を、アイチームが支援するサービスが「オペレーション業務エンジニアリングサービス」になります。

  • サーバ ネットワーク/PC導入・保守サポート

    仕様決めや導入・保守時に必要な各種調整・アウトソーシングをサポートいたします。

  • セキュリティ対策支援

    企業理念に沿ったセキュリティ対策の検討および機器導入に関わる支援やルール作成をおこないます。

  • ベンダーコントロール支援

    構築・保守ベンダーへの依頼・成果物のチェックといったベンダーコントロールやプロジェクトの後方支援をいたします。

  • ITコスト検証・最適化支援

    既存のIT資産と利用状況を可視化。コスト検証と最適化を支援いたします。

  • 委託先評価支援

    コンプライアンスやSLA面について委託先を定期的に評価いたします。

情シスサポート
サービスの特徴

情シスサポートサービスの特徴をご説明いたします。

  1. feature1

    信頼できる
    情報システム部門構築

    アイチームでは、着実な業務改善と遂行により社内のサービス部門として信頼される情報システム部門を構築することを何よりの目的としてサポートさせていただきます。

  2. feature2

    クライアントの立場に立った
    評価・改善提案

    アイチームでは、セキュリティ面や運用面におけるリスクを的確に洗い出し、クライアント目線で現状に応じた改善策を提示し最適な環境へと導きます。

  3. feature3

    クライアントにマッチした
    導入・運用の最適化

    アイチームはインフラベンダーではありません。クライアントの現状に応じた適正コストを調査した上で既存のインフラベンダーに頼ることなく貴社にマッチしたインフラ導入・運用をご提案いたします。

情シスサポートサービスの流れ

  • 01.現地調査

    秘密保持契約締結後、クライアントの事務所へアイチームのスタッフを派遣し、現在のIT環境、IT資産管理状況、保守体制などを調査いたします。また、調査の結果、必要があれば、IT資産管理台帳を作成いたします。

  • 02.サポート窓口の開設

    運用保守範囲、管理規模に応じてアシスタンスサポート体制をご提案し、クライアント専用のサポート窓口を開設いたします。サポート窓口開設後は、契約範囲に応じて、自由にご相談いただけます。

  • 03.サービスの開始

    情シスサポートサービスを開始します。年間計画を策定し、与えられた業務範囲のタスクを継続して進めていきます。

  • 04.業務の振り返り

    サポートサービスのレベル向上のため、クライアントと共に定期的にサポート業務を振り返り、継続的に評価・改善を行います。